ジンをストレートで楽しむ飲み方|ストレートがおすすめなジン

スポンサードリンク

ジンをストレートで楽しむ飲み方|ストレートがおすすめなジン

ジンはカクテルで使われているイメージが強いですが、ストレートで飲んでも美味しいです。
ジンにはカクテルにぴったりなジンと、ストレートで飲むのがうまいジンと両方あります。
例えばジュネバと呼ばれるジンは、単式蒸留で作られるため素材の味が残りやすく、ロックやストレートで飲まれることが多い。
一方現在の主流のロンドンドライジンは、連続蒸留されクリアな味になるので、カクテルとの相性が良いと言われます。
ただし、味はドライでも香りが華やかなドライジンもあり、ストレートで飲んでもらいたい銘柄も数多くあります。
こちらではストレートで飲んで美味しいジンをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ストレートでも色々な飲み方がある

ジンはジュニパーベリーをはじめとしたボタニカル(草根木皮)で香り付けされるため、好みが分かれやすいお酒です。
しかしこの独特な香りが好きという人の場合、ジン本来の香りと味をじっくり堪能することができます。
もちろんジンを本来の味を楽しむためにおすすめなのはストレートで、余計なものを混ぜないことから香り、風味を存分に満喫できます。
また他のお酒に無い独特の鋭い切れ味もそのままに味わえます。
ストレートにもいくつか飲み方があり、それぞれで味や香り、口あたりが違ってきますから、より自分好みの飲み方を探してみてください。

 

香りを楽しみたいなら常温か少し冷やした状態で

独特の香りはジンの大きな魅力であり、ジンのファンにはこの香りがたまらないという人も少なくありません。
ストレートはこの香りを最も活かした状態で楽しめる飲み方ですが、より香しい状態で飲むならやはり常温を選択するのが一番です。
ジン本来の味、香り、口当たりをそのまま満喫できるので、シンプルではありますが、ぜひ一度はこの方法で飲んでみてください。
またジンの香りは独特かつとても強いため、少し冷やしたくらいでは特に変化はありません。
飲む前に少し冷蔵庫に入れて冷やしておくだけなら、香りはそのままで口当たりが少し優しくなりますから、香りは好きだけれどちょっと飲み口が鋭すぎるという人は冷たくしてから飲んでみると良いでしょう。

 

冷凍庫で冷やすととてもまろやかな口当たりに

ジンはアルコール度数が40%以上のものが大半を占め、低いものでも37%を切るものはありません。
このアルコール度の高さからジンは冷凍庫に入れても凍ることが無く、そのため氷を入れて薄めずともキンキンに冷やして楽しむことが可能です。
常温の状態に比べ、冷凍庫で冷やしたジンはとろみが出て口当たりがまろやかになります。
鋭い切れが持ち味のジンですが、これが冷やすだけで嘘みたいに滑らかな飲み口になるので、ぜひ試してみてください。
ジンの良さが失われてしまうのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そういったことは無く、本来の良さを損なうことなく優しく変化するだけなので、良さはそのままに飲みやすくなります。
また冷凍庫でキンキンに冷やすと香りが抑えられるので、味は好きだけど香りはちょっと苦手という人は常温よりもこちらがおすすめです。
ジンの融点は-114.5℃で冷凍庫程度の温度で凍ることはありませんから、安心してキンキンのジンを楽しんでみてください。

 

スポンサードリンク

 

 

何とも言えない甘みとコクはぜひストレートで楽しんで

ジンの種類の中でも最もストレートにおすすめなのがジュネヴァです。
濃厚な香料と強い風味でコクがある味わいが特徴で、糖化発酵しているので飲み口がとろっとしており、何とも言えない甘みがあります。
冷凍庫でとろとろになるまで冷やしストレートで少しずつ飲むのが最もおすすめ。
ジン独特の香りや味が好きという人にとってジュネヴァはぴったりのタイプでもあります。
ジュネヴァの中でも特におすすめの製品なのはボルスで、こちらは2年以上熟成することによって豊潤で複雑な味わいに仕上げてあるのが特徴で、ジュネヴァの中でも人気ナンバーワンの存在です。
またノールズという製品もおすすめで、こちらは20年の熟成を経て作られた最高の風味が魅力です。
モルト風の香味と様々なスパイス、ハーブなどのボタニカルから得た香りが絶妙に溶け合い、重厚で芳醇な風味を生み出しています。
限定生産品の高価な製品ですが、手に入れられる際はぜひ購入すべき逸品です。

 

シュタインヘーガーもストレートにぴったり

ストレートで楽しむジンとして、シュタインヘーガーもおすすめです。
すっきりしすぎず濃厚すぎず、控えめな風味で飲みやすいのが特徴のジンで、カクテルの材料として使われることが多いもののストレートでも美味しく楽しめます。
香りづけに生のジュニパーベリーを使用していることで、ジン独特の匂いが苦手という人でも馴染みやすいでしょう。
カクテルでもストレートでも美味しいジンなので、これを揃えておけば飲み方に合わせて便利に利用できます。
おすすめの製品はシュリヒテで、こちらはマイルドで丸みがある味わいが特徴。
なんといっても飲みやすく、初心者でもストレートで楽しみやすいです。
アルコール度数も38度と、ジンの中では比較的優しい部類に入ります。
またソーセージやハムで知られるシンケンヘーガーから出ているハイトもおすすめです。
こちらは食事との相性が抜群という魅力があり、ソーセージやハムをおつまみにジンをストレートで楽しみたいという時に、これ一択といって良いほど美味しくいただけます。
肉系の食事なら基本的に何でも相性が良いですから、お酒も食事も一緒に楽しみたいという人はぜひチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

タンカレーNo10(ナンバーテン)

ストレートで飲んで美味しい、おすすめなジンは?と聞かれたら「タンカレーNo10」は外せません。
タンカレーにも色々ありますが「タンカレーNo10」がストレートで飲むには一番旨いですね。
別名、ロールスロイスと呼ばれるだけあって、究極まで洗練された味わいで、なんというか高級感があります。
ただ、洗練されすぎているので、「個性的なジンが好き!!」という方にとっては面白みにかけるかもしれません。

 

タンカレーは1830年以降、こだわりの4回蒸留製法を守り、洗練されたキレのある味わいで人気を博しています。
ストレートで美味しいジンですが、カクテルにすると独特のコクが生まれます。
タンカレーNo10は、タンカレーロンドンドライジンよりもボタニカルを厳選し、「タイニーテン」と呼ばれる小さな蒸留機で作るため、独特の香りとコクが生まれます。このタイニーテンが名前の由来となっています。
追加したライム、ハーブ、ジンジャー等の風味でフルーティーさとスパイシーさが追加されており、ストレートで飲むジンにはうってつけです。
タンカレーNo10はそのままストレートで楽しんでも美味しいですが、冷凍庫でキンキンに冷やしてトロトロにして飲むのもおすすめ。

 

ただこのままで完成されている味なので、出来れば最初は常温からちょい冷やしくらいでそのまま飲んでみてください。
香り高さと風味にきっと驚くと思います。

 

ボンベイサファイア

ボンベイサファイアも挙げておきたい銘柄です。。
ブルーの美しいボトルを眺めながらストレートで飲むだけで、いつもの2倍は酔えます。
ボンベイサファイアはとにかくボタニカルのバランスが良いジンです。
フルーティーすぎず、かといってスパイシーすぎず、両方を感じられる味わいです。
こちらも香りを楽しむために、冷やしすぎないストレートがベストかと思います。
もちろんキンキンに冷やしても美味しいんですけどね。
バランスが良いので、何かで割っても楽しめる優等生的なジンです。

 

ビーフィーター

そして有名所ではビーフィーター。
ラベルの近衛兵が印象的なボトルです。
レモンとオレンジの柑橘系を強く感じる味なので、ストレート初心者の方でもとっつきやすい味かと思います。

 

エギュベルジン

最後はエギュベルジン。
13世紀から修道院で語り継がれたレシピのジンです。
香りはバラの花のような広がり、バニラのようなほんのりとした甘みがあります。

 

 

スポンサードリンク