ジンが苦手な人でも飲みやすい方法

スポンサードリンク

ジンが苦手な人でも飲みやすい方法

アルコール度数が高いジン

世界を見てみるとストレートでも飲みやすいと言われているのがジンですが、お酒が好きな人にとってはというのが前提です。
海外に比べて日本人はアルコールに弱い人が多いため、ストレートでも飲みやすいと言われているジンも度数が高いことから苦手と感じていたり、飲みにくさを感じている人も少なくありません。

 

ジンと一口に言ってもアルコールの度数は種類によって異なっています。
平均40%ほどが度数とされていますが、フレーバードジンなど低いものだと30%台のものもあるので、初めてジンを飲まれる方は度数の低いものから飲んでみるといいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

アルコールの度数が高いと味が変わるかと言えばそんなことはありませんが、種類によって風味が異なったり辛みがあったりするので、自分がおいしいと思えるジンを見つけることが大切です。
例えばドライジンは苦手でも、よりマイルドなシュタインヘーガーは飲めるといったこともよくある話です。

 

ジンの基本的な飲み方

ジンが苦手な人にとっては独特な味やにおいがするといいますが、飲み方によってはおいしくいただくことは十分に可能です。
ジンを使った飲み物で代表的なのがジントニック、ジンフィズ、ジンライム。
ジントニックはその名の通り、ジンをトニックウォーターで割った飲み物で、シンプルながらもジンが苦手な方でも飲みやすいお酒です。
また、ドライ・ジンも柑橘系の風味がついているのでおいしく飲むことができ、ライムやレモンなどと相性がいいので、ジンが苦手という方でも比較的飲みやすいとされています。

 

雑な味がしないので、カクテルにしてもおいしく飲めるのがジンの特徴です。
癖もないので比較的初心者の方にも飲みやすいでしょう。
ただ、ジンは辛口な部分もあるので、辛みを感じるような時は甘めな飲み物と割って飲むと飲みやすくなります。
カクテルは飲みやすいので初心者の方にもおおすすめですが、お店などで飲む場合は、割合が決まっていることがほとんどなので、ジンを少なめにしてもらうなどして飲みやすくしてもらいましょう。
自宅でジンのカクテルを作る場合は、いろいろな飲み物と割ってみて飲んでみるのもいいですね。
分量なども自分で変えることができますので、自分の飲みやすいジンの量が見つけらればOKです。

 

ジントニックの作り方

定番中の定番であるジントニックの作り方は、とても簡単です。
ドライ・ジンとトニックウォーター、ライムを用意します。
氷を入れたグラスに適量のジンを注ぎ、トニックウォーターも適量入れてライムを絞ります。
絞ったライムは皮ごとグラスの中に入れて飲みますので、ライムの表皮はしっかりと洗っておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ジンバックの作り方

ジンバックというのは、ジンにレモンジュースとジンジャーエールを入れる飲み方で、居酒屋やバーなどで見かけることが多いカクテルの一つです。
本来レモンジュースを加えるのですが、加えないお店もちらほらありますが、それは本来のジンバックではありません。
ジンバックはドライジンを45ミリリットル、レモンジュースを20ミリリットル、ジンジャーエールを適量用意します。
氷を入れたグラスにジンとレモンジュースを注ぎます。
そこにジンジャーエールを注ぎ、軽くかき混ぜればできあがりです。

 

トムコリンズの作り方

甘めで飲みやすい、ジンを使ったカクテルです。
ドライジンを45ミリリットル、レモンジュースを15〜20ミリリットル、砂糖を適量、ソーダ水適量、レモンのスライスを用意します。
ソーダ水以外の材料をシェイカーに入れ、シェイクしてから氷を入れたグラスに注いで、ソーダ水を入れます。
レモンのスライスを入れれば完成です。
シェイカーが必要にはなりますが、シェイカーがあればトムコリンズ以外にも様々な飲み物を自宅でつくることができます。

 

ジンは種類によっておいしく飲める飲み方が違う

ジンと一口にいっても、種類によっておいしく飲むことができる飲み方が違ってきます。
オランダで誕生したのが始まりと言われていますが、今では世界各国でつくられているお酒の一つでもあります。
オランダに次いでイギリスやドイツなどでもジンはたくさん作られ飲まれています。

 

イギリスだけでも3つの種類のジンがあり、ドライジンをはじめとしてオールド・トム・ジン、プリマス・ジンが有名なところです。
オランダではジェネヴァというジンが有名で、イギリスのドライジンに比べると重みのあるジンと言われています。
ドイツで有名なのがシュタインヘーガーというジンです。
オランダで作られているジェネヴァというジンと似ているところもありますが、製造方法が異なります。

 

このように一口にジンといっても、ジャンルの違うジンが複数あるため、それぞれ一度は飲んでみることをおすすめします。
とはいえ酒屋で手に入りやすいジンと言えば、まずはドライ・ジンなので、まずはそこからスタートしてみましょう。
ドライ・ジンがきついようなら、よりマイルドなシュタインヘーガーを試してみたり、自分好みの味を探してみてください。
各国で製造されているジンは味もそれぞれ違ってくるので、一度自分の好みにあうジンを見つけると、いままで飲めなかったジンが美味しく感じるようになったりするのが面白いですね。

 

ちなみにジンは日本人に馴染みの多い烏龍茶や緑茶などで割っても飲みやすくなります。。
これと割らなくてはいけないと決まっているわけではありませんから、好きな飲み物と割ってジンを楽しみましょう。

 

スポンサードリンク