ジンの銘柄別の特徴を簡単にご紹介

ジンの銘柄別の特徴を簡単にご紹介

ジンは、銘柄の種類が多く、もちろんそれぞれ味や香りが異なります。
それぞれを簡単にご案内して行きましょう。

 

・ビフィーター
ほんのりフルーツフレーバーを感じる味。
カクテルベースに使われる事の多い、中間的な味わい。

 

・ボンベイサファイヤ
比較的甘口で華やかな香りがします。

 

・タンカレー
キレのある味わい。
芳醇な香りが特徴的。

 

スポンサードリンク

 

・ゴードン
ジュニパーベリーの香りが強めなため、好き嫌いが分かれやすい銘柄。

 

・タンカレーNO.10
グレープフルーツ系の香りが強く、華やかな味わい。

 

・ボンベイ・ドライ・ジン
ボンベイサファイヤの元祖。
ドライでキリっとした味わい。

 

・ブードルス
タンカレーと同じような深みのある重厚な味が特徴。

 

いかがでしょうか。
今回ご紹介したのはジンの中でもごく一部の銘柄。
他にも、なかなかお目にかかれないボルス、安い価格でジンを楽しめるウィルキンソンやギルビー・ジン、ドイツの銘柄シュリヒテ・シュタインヘーガーなど、様々なジンがあります。

 

ブランドごとに、カクテル向き、ストレート向き、個性が強め、弱め、など異なりますので、ジンをオーダーしたり選ぶ際に特徴を知っておくとよさそうですね。

スポンサードリンク