誇り高きビーフィータージン|切れ味鋭いクリーンな風味

誇り高きビーフィータージン

ジンにはかなりたくさんの種類の銘柄がありますが、中でもドライジンのビーフィーターは、非常にメジャーなブランドで、カクテルのベースにもよく使われています。

 

このビーフィーター、「ロンドン・ドライ・ジン」である誇りから、今なおロンドンで蒸留を続けている唯一のジンブランドでもあり、1820年の創業以来の変わらぬ味を守り続けているのです。

 

ラベルには、王冠を保管しているロンドン塔の近衛兵(通称ビーフィーター)が赤い制服を身にまとった姿が描かれています。
これはビーフィーターの創立者ジェームス・バローが、芳醇で力強い味わいのジンである名称に、屈強なことで知られている近衛兵(ビーフィーター)の姿に重ねて名づけたのだそうです。

 

ビーフィーター社では、製造過程で使われるボタニカル(草根木皮)が、毎年ヨーロッパ中から集められ、専門家の手によって厳しく吟味されています。

 

キレのある鋭くクリーンな味わいの中にも、豊かなボタニカルの香りが広がるこのジンには、誇りとこだわり、数々の歴史が込められているのです。

 

≪ビーフィーターの詳細はこちらから≫