ジンのアルコール度数に高い低いの違いはある?最高度数のジンは?

ジンのアルコール度数に高い低いの違いはある?最高度数のジンは?

ジンのアルコール度数はどれくらい?

ジンは「蒸留酒(スピリッツ)」の1種で、アルコール度数は40%程です。
蒸留酒の仲間としてはジン、ウォッカ、ラム、テキーラ(世界四大スピリッツ)、
他にもウイスキーやブランデーなどがありますが、これら全て基本的にはアルコール度数は40%前後となっています。
蒸留酒は発酵によって生まれた酒をさらに蒸留することでアルコール度数を高めているので、全てアルコール度数が高めです。

 

蒸留酒とは逆に「醸造酒」は、果実や穀物を原料に酵母の発酵作用によって作られた酒で、蒸留過程がないためアルコール度数が低めです。
醸造酒の仲間にはワイン、ビール、日本酒、シードル、ミード、プルケなどがあります。

 

他にも「混成酒」という種類があり、これは醸造酒・蒸留酒を原料に草根木川、果実、香料、糖分を混ぜたり、浸出して作るお酒です。
使用する原料で、香草系(カンパリ等)、果実系(カシス等)、種系(カルーア等)などに分類されます。

 

お酒の種類

アルコール度数

ジン

40度

ウォッカ、ラム、テキーラ、ウイスキー、ブランデー、泡盛(古酒)

40度

泡盛

25度~30度

焼酎

20度~25度

日本酒、ワイン

15度

梅酒

8~15度

ミード

12度

シャンパン

11度

ビール、シードル

5度

プルケ

4度

 

スポンサードリンク

 

ジンの最高度数は?低いジンはある?

流通しているジンの中で一番アルコール度数が高いのは、ピムリコジンとプリマスジンで57度です。
逆にアルコール度数が低いジンは「ノタリスVO」「デ・カイパー・ジュネヴァ・ヤング」でそれでも35度。
アルコール度数は銘柄によりますが、やはり数が多いのは40度前後になります。

 

アルコール度数 銘柄
57% ピムリコジン、プリマスジン57°
55.2% ケイデンヘッド・オールド・ラジェ
50% ビーフィータークラウン・ジュエル、ボーズオールド・トム・ゴールド
47.5% ウィルキンソンジン47.5°、ギルビージン47.5°
47.3% タンカレーナンバー10、タンカレースペシャルドライジン
47% ボンベイサファイア、バーネット47°、ビーフィータージン47°、ボーズオールド・トム
46% ウィルキンソンプレミアム
45% ブードルス、ブルームズベリレモン・フレーバー、ブルームズベリオレンジ・フレーバー、ボルスシルバートップドライジン
43% チャーチル43°、マルボロー43°、パーク・レーン43°
42% ノールズジュネヴァ15年
40% ビーフィータージン40°、ブラック・デスジン40°、バーバリー、バーネット40°、ゴードン40°、ヘンリーズスペシャル・オールド・トム、ケンジントンジン、ロンドン・バーニングジン、オールドチェルシーロンドン・ドライジン、オールドチェルシーオールド・トムジン、オールド・トムジン40°、プリンス・チャールズ、シーグラム40°、サー・ウォルターローリー、タンカレー・マラッカジン、ツヴァルスキージン
38% シンケンヘーガー、シュリヒテ・シュタインヘーガー、シュリヒテ・ウルブラント、コークドライジン、デ・カイパー・ジュネヴァ・オールド、ノールズヤング・ジュネヴァ
37.5% ボルス・ジュネヴァ、ギルビージン37.5°、ヒーリーズドラインジン37.5°、
37% ウエストミンスター、ウィルキンソンジン37°
35% ノタリスVO、デ・カイパー・ジュネバ・ヤング

 

スポンサードリンク

 

ジンのカクテル別アルコール度数は?

そのままではアルコール度数が高いジンも、カクテルにすれば飲みやすくなります。
アルコール度数が高いジンを使ったカクテルの代表は「マティーニ」で42度ほど。
逆に弱いカクテルの代表は「ジントニック」で16度ほどになります。

 

アルコール度数

カクテル

45%

アラスカ

43%

ダーティ・マティーニ

42%

マティーニ、アースクエイク、ギブソン、

40%

エンジェル・フェイス、クラシック・ドライ・マティーニ、セブンス・ヘブン

39%

ジェイ・エフ・ケー

38%

青い珊瑚礁

37%

カジノ

36%

カンパリ・カクテル

35%

アラウンド・ザ・ワールド

34%

ホワイトレディ

33%

ギムレット

32%

アレキサンダーズ・シスターズ

31%

オレンジ・ブロッサム、ジン・アンド・イット

30%

キス・イン・ザ・ダーク、パラダイス、ブルームーン

29%

ネグローニ

25%

カフェ・ド・パリ

24%

ピンク・レディ

22%

コスモポリタン・マティーニ

20%

ミリオン・ダラー

19%

ロングアイランド・アイスティ

16%

ジントニック、オレンジフィズ、ジン・デイジー、ジンバック、ジンフィズ、ジンリッキー

15%

シンガポール・スリング

11%

トム・コリンズ

 

スポンサードリンク

 

ジンのアルコール度数が高い理由

アルコール度数が高くなると、アルコール臭ばかりが強くなり、味だけでなく風味も共にバランスが崩れてきます。
もちろん、それによって一般的に冷凍庫で凍ることはなく、キンキンに冷やした状態で飲むことも、長期保存に向いているという利点もあります。

 

高いアルコール度数の理由として、本来の目的が薬用酒であったことが考えられます。
でも、そのままでは口当たりもよくなく、度数が強いだけでは症状もよくなりはしません。

 

そこで目を付けられたのが、利尿作用のあるジュニパーベリー(ねずの実)です。
これによって、利尿・解熱・健胃剤と、薬用として大いに効果を発揮しました。

 

それだけではなく、もたらされた爽やかな香りと味わいからか、民衆に大好評となり、その時、ジンが誕生することとなりました。
偶然といえばそれまでかもしれませんが、ジンのアルコール度数が高い理由は、そういった経緯が関係しています。

 

ちなみに、冷凍庫に保存して冷やすことによって、アルコールの揮発による独特の臭いや刺激を抑えることができ、飲み易くなりますので、おすすめです。

 

スポンサードリンク