魅惑のボンベイサファイア|他のジンに比べて薫り高い味わい

魅惑のボンベイサファイア

美しいサファイアブルーの瓶がなんといっても印象的なジン、ボンベイサファイアは、世界最大のラム酒ブランド、バカルディ社の子会社が製造しています。

 

他のジンとの大きな違いのひとつに、原料が挙げられます。
一つは香料。
ジンの主たる香料のジュニパーベリー以外に、アーモンド、レモンピール、コリアンダーやカンゾウなど、なんと9種類もの香料と植物を配合します。

 

そしてもう一つの特徴が蒸留方法です。
通常のジンは、アルコールと香料が混ぜ合わされて蒸留されるのに対して、ボンベイサファイアの場合は、まず三回の蒸留で穀物アルコールを作り、その蒸気に香料を通すというたいへん特殊な方法で製造するのです。
このような特殊な製法をとるために、ボンベイサファイアは他のジンに比べて、薫り高いジンに仕上がるのです。
ちなみにこの蒸気に香料を通す特殊な方法ヴェーパーインフュージョン製法と言います。

 

ボンベイ・サファイアはどちらかと言えばストレートでちびちびと楽しむのがおススメ。
ブルーの美しいボトルを眺めながら飲むのもいいですね。

 

≪ボンベイサファイアの詳細はこちらから≫