ジンの雑学をご紹介

スポンサードリンク

ジンの雑学をご紹介記事一覧

ジンに合うおつまみはこれ!飲み方別おすすめおつまみや料理

トータルでおすすめのおつまみは肉と果物ジンの香りづけに使用しているジュニパーベリーは、肉を使ったマリネ、ミートパイなどの香りづけに使われるスパイスなので、ジンを楽しむ際はこういった料理がおつまみに合います。凝った料理に限らず、からあげなどは一緒に食べると当たり前に美味しいですし、アンチョビなどとも相...

≫続きを読む

ぜひ作って欲しいジンのおつまみレシピ

ジンに合うおつまみは、ジンそのものの強い味わいに負けない、塩気の強いものやアクセントのあるものが相性がいいと言われています。もちろんコンビニのポテトチップスやスーパーで買ったチーズやナッツでも充分にジンのおつまみとしてはその役割を発揮してくれますが、少しだけ時間や気持ちに余裕がある時に、簡単でちょっ...

≫続きを読む

レストランでジンを飲もう

食事とは合わせづらいイメージがあるジン。しかし、意外とスパイスの効いた料理と相性がいいのをご存じでしょうか。その理由は、蒸留酒がジンとして魂を吹き込まれる際に使われている、数種のハーブやスパイスです。レストランで食事の際、これらの香りと合わせたものを頼むと、抜群の威力を発揮します。具体例として、胡椒...

≫続きを読む

一から知ろう、ジンに纏わる歴史

ジンの発祥は、11世紀頃にイタリアの修道士がジュニパーベリー(直径6〜10ミリの紫黒色の丸い実)、別名「ねずの実」を使って作っていたとされています。それから時は流れ、1660年。オランダにいた医学部教授、フランシスクス・シルヴィウスが薬用酒(ジュニエーヴェル・ワイン、通称ジェネヴァ)を完成させました...

≫続きを読む

「ジン」という名前の由来

ジンという名前が付くには、約100年ほどの時が必要となります。始まりは1660年。オランダにて、植民地で広まっていた熱病のため、ジュニパーベリー(Juniper Berry)をアルコールと共に蒸留して薬用酒が作られました。そしてこの時、材料に使われたジュニパーベリーから、薬用酒の名前をフランス語でジ...

≫続きを読む

ジンのアルコール度数が高い理由

アルコール度数が高くなると、アルコール臭ばかりが強くなり、味だけでなく風味も共にバランスが崩れてきます。でも、蒸留酒であるジンは、アルコール度数が大体40度以上あります。もちろん、それによって一般的に冷凍庫で凍ることはなく、キンキンに冷やした状態で飲むことも、長期保存に向いているという利点もあります...

≫続きを読む

お酒のジン、ではもったいない

蒸留酒であるジンには、多数の種類があり、それぞれが違う顔を持ち合わせています。代表的なものとして、ロンドンドライジン(イギリス)、ジュネバジン(オランダ)、シュタインヘーガー(ドイツ)が有名です。根本的に大きな違いはないが、1つ1つが異なった作り方をし、薬用酒から始まったジンの歴史をさらに築きあげて...

≫続きを読む

ジンと蒸留器の深い関係

ひとえにジンと言っても、薬用酒だった頃とは違い、作り方にはいくつか方法があります。1つがロンドンドライジンとシュタインヘーガーが作られる、連続式蒸留器(パテントスチル)です。蒸発させ、それを留めることによって再び凝縮させるという点では、既存の蒸留器と何ら変わりはありません。でも、アルコール発酵させた...

≫続きを読む

ジンはどう作られているのか

ジンの原料として、大麦麦芽・トウモロコシ・ライ麦が主流ですが、その入れる度合いや、別に加えるものによってジンの味わいが大きく変わってきます。例として、ジュネバジンはスピリッツ作成の段階で大麦麦芽を多く加えるため、他に比べて麦芽香が強く、シュタインヘーガーは後でブレンドするための生のジュニパーベリーも...

≫続きを読む

スピリッツにおけるジンとは

ジンを楽しむ上で、スピリッツ(蒸留酒全般を指す)という単語は、必ず耳にすることでしょう。精神や魂の意を持つスピリッツ。肉体に活力を与え、火の酒とも呼ばれるそれには、私たちにも聞き覚えのある焼酎、ブランデー、ウイスキー等も含まれ、中でも、ジン・ウォッカ・ラム・テキーラ、これらは「4大スピリッツ」と世界...

≫続きを読む

ジンが持つ香りと味わい

ジンには、一概に言い切ることは出来ませんが、基本的には松脂のような、柑橘系のような独特な香りがあります。それは、作る過程で必要となってくる、ジュニパーベリー(ねずの実)と数種のハーブ・香草によるものが大きいんです。中には熟成させたものや、フルーツのフレーバーが加えられているものもあるため、多種多様の...

≫続きを読む

酒屋でジンを購入しよう

ジンを含め、スピリッツは品質が劣化しにくく、アルコール度数が高い特徴があります。そのため、製造年月日にはそれほどこだわらなくてもいいでしょう。初めて手に取るのならば、カクテルとして飲むことを前提に、店員に聞いてみてもいいでしょう。大型店舗のバイトさんなら分からないかもしれませんが、個人経営の酒屋さん...

≫続きを読む

ジンの香りの正体は?香りが良いおすすめのジンをご紹介

そもそもジンとは?ジンというお酒は、オランダで薬用酒として親しまれていました。ただ、薬用酒としてはあまりにも美味しすぎたため、一般的に飲まれるようになったのがジンの始まりとされています。度数の平均は40度ほどで、多くの香草を使って作られているので、香りに特徴があるのがジンの魅力の一つです。ただ、その...

≫続きを読む

飲み会で使える、ジンに纏わる知識

飲みの席というのは、突如として訪れるものですね。会社の付き合いで、意中の異性からいきなり誘われて、なんて状況もあるのではないでしょうか。そんな時、自然にさらっとうんちくが言えれば男女問わず格好がいいし、知っていれば役に立つこともあります。例えば、ジンが解熱作用のある薬用酒であったのならば、風邪を引い...

≫続きを読む

ジンは熱病の特効薬?

ラム酒やブランデーなどと比べると、蒸留酒の中では比較的クセの少ないジン。若者や女性にも好まれるお酒で、世界各国で愛されています。しかし、たまにジンのことを「薬っぽい味がして苦手」と言う人がいます。実はこれ、それもそのはず。ジンは元々「薬」として誕生したんです。そもそもジンは、1660年にオランダのラ...

≫続きを読む

日本でのジンの歴史は?

今でこそ、日本でもたいへんポピュラーでメジャーになったジンですが、一体いつ日本に渡ってきたのでしょうか。その歴史は意外に古く、なんと江戸時代には伝来していたのではないかと言われています。それには日本の鎖国時代が大きく関係しています。ジンはそもそもオランダで生まれた蒸留酒。江戸時代の鎖国当時、対オラン...

≫続きを読む

世界中で愛され続けてきたジン

「ジンはオランダ人が生み、英国人が洗練し、米国人が栄光を与えた」。これはジンに関する有名な言葉です。ジンが世界中で愛されていることがよくわかりますよね。ジンは元々、オランダで熱病の治療薬として誕生しました。しかしながらその爽やかな香りと味わいがたちまちオランダの人々を虜にし、オランダを代表するお酒に...

≫続きを読む

様々な種類があるジン

ジンはオランダで誕生したお酒ですが、世界各国で色々な種類が作られています。ジンの生産国として特に有名なのは、オランダ、イギリス、ドイツの参加国。まず、イギリスで作られるジンですが、主に3種類あります。1ドライジン柑橘系の爽やかな香りが特徴で、タンカレー、ボンベイ・サファイヤ、ビフィータなど、日本でも...

≫続きを読む

ジンと焼酎の意外な関係

日本では、洋酒の中でもジンはあまりにも有名ですが、一方で、焼酎もたいへんよく飲まれるお酒のひとつです。実は日本におけるジンと焼酎には、歴史上、たいへん深い関係があることはほとんど知られていないこと。ジンはオランダで生まれイギリスに渡った後、蒸留機が発明され、世界各国に広がり、江戸から明治時代にかけて...

≫続きを読む

ダイエット中でもジンならOK?

お酒は一般的に太ると言われ、ダイエット中には控えるべきと言われます。しかし、お酒が太ると言われているのは、主にお酒と一緒に食べるおつまみが原因。ついついおつまみを食べ進めてしまうことが、多量なカロリー摂取を招くのです。加えて、アルコールの中でも、ダイエットに向いているお酒、向いていないお酒があり、ジ...

≫続きを読む

ジンとウォッカの違い

よく、ジンと引き合いに出されるのがウォッカです。同じ蒸留酒に分類され、あまりクセがないため、差がないと思う人がいるためのようです。実際にはジンとウォッカでは、何が異なるのでしょうか。まずジンの発祥はオランダであり、ウォッカはロシアで生まれました。そして原材料ですが、ジンはトウモロコシ、大麦、ライ麦、...

≫続きを読む

ジンボトルの雑学

ジンのボトルの面白い雑学をいくつかご紹介しましょう。タンカレーは緑のどっしりしたボトルに赤い刻印が描かれ、たいへん印象的なデザインをしています。これ、実は18世紀のイギリスの消火栓の形を模しているのは、あまり知られていないこと。ちなみに赤い刻印は「製品を保証する」という意味で付いています。なぜ消火栓...

≫続きを読む

ジンを美味しく飲み続けるための保存方法

開封に関係無く、直射日光の当たらない冷暗所で保存するのが基本ジンに限らず全てのお酒に言えることですが、保管する時は開封に関係無く、直射日光の当たらない冷暗所で保存するようにしましょう。またジンはアルコール度数が40%と高いお酒なので、開封後も常温保存で管理して問題ありません。きちんと栓をして日の当た...

≫続きを読む