ジンの雑学をご紹介

スポンサードリンク

ジンの雑学をご紹介記事一覧

スポンサードリンク「お酒は高カロリーで太るからダイエット中には控えた方がいい」とよく言われます。事実、ジンは高カロリーで、そのカロリーは100mlあたり約260kcal。これはご飯1膳とほぼ一緒のカロリーです。ジンを飲むだけでご飯を食べるのと同じくらい太ってしまうとしたら大変なことになってしまいますよね。そもそもアルコール自体が高カロリーのため、ジンだけでなくアルコール度数が高いウイスキー、ブラン...

ジンにはスパイシー系か柑橘系がおすすめジンの香りのもとになるジュニパーベリー(セイヨウネズの実)はスパイスの一種で、肉のマリネやミートパイなどの香りづけにもよく使われます。そのためジンはスパイスを使った料理と特に相性が良いです。スパイスが効いたカレー、濃い味が付いた肉料理、唐揚げ、アンチョビ、魚のマリネなんかピッタリですね。またジントニック、ジンライムといった柑橘系カクテルが多いことから分かるよう...

スポンサードリンクジンの保存場所と賞味期限未開封のジンは、直射日光の当たらない場所なら常温保存で大丈夫です。ワインのように専用のセラーを準備する必要はありません。ジンはアルコール度数が高いお酒(約40%)なので、菌が繁殖できず賞味期限自体が存在しません。常温保存しておけばいつまでもジンを楽しむことができるため、冷蔵庫やテレビなどの熱を放つ家電を避けて戸棚にしまっておきましょう。開封したジンの保存場...

ジンのアルコール度数はどれくらい?ジンは「蒸留酒(スピリッツ)」の1種で、アルコール度数は40%程です。蒸留酒の仲間としてはジン、ウォッカ、ラム、テキーラ(世界四大スピリッツ)、他にもウイスキーやブランデーなどがありますが、これら全て基本的にはアルコール度数は40%前後となっています。蒸留酒は発酵によって生まれた酒をさらに蒸留することでアルコール度数を高めているので、全てアルコール度数が高めです。...

食前酒にジンを飲む食前酒の定番は、アルコール度数が低く、甘すぎず、炭酸が入っているものです。こういった食前酒を飲むと、食欲を増進させることができます。具体的には、シャンパン、ビール、キールなどが王道です。食前酒にジンを選ぶなら、ジントニックが間違いありません。ジンフィズ、ジンバックも良いでしょう。ちなみにマティーニはアルコール度数が40%程ありますが、ヨーロッパでは食前酒の扱いです。お酒に強い人な...

ジンという名前が付くには、約100年ほどの時が必要となります。始まりは1660年。オランダにて、植民地で広まっていた熱病のため、ジュニパーベリー(Juniper Berry)をアルコールと共に蒸留して薬用酒が作られました。そしてこの時、材料に使われたジュニパーベリーから、薬用酒の名前をフランス語でジュニエ-ヴル(Genievre)と名付けられます。そうして、この薬用酒は販売されたのでした。ジンと呼...

ジンの蒸留方法薬用酒だった頃のジンとは違い、現在の蒸留方法は大きく二つに分かれます。1つがロンドンドライジンとシュタインヘーガーが作られる、連続式蒸留器(パテントスチル)です。蒸発させ、それを留めることによって再び凝縮させるという点では、既存の蒸留器と変わりはありません。従来の蒸留器との大きな違いは、アルコール発酵させた溶液をそのまま連続して蒸留し続けるという点です。この蒸留方法により、不純物が綺...

ジンには松脂、柑橘系のような独特な香りと味わいがあります。特徴的な香りと味わいは作る過程で使われるジュニパーベリー(ねずの実)、ボタニカル(数種のハーブ・香草)の影響です。ちなみにジュニパーベリーはかならず必要で、使わないとジンを名乗ることはできません。ジンの香りと味わいを形作るのに必要不可欠なボタニカル10種類とその特徴をご紹介します。スポンサードリンクジュニパーベリージュニパーベリーなしではジ...

ジンはアルコール度数が高く、品質が劣化しにくいお酒です。賞味期限内に飲みきれるか心配でも、そもそも期限というものが設定されていないのでどれだけ時間をかけても基本的には大丈夫です。直射日光を避けておけば何年でも持ちますので、安心してジンを選んでみてください。初めてジンのボトルを手に取るのならば、初心者でも飲みやすい種類を選ぶといいですね。ジンは以前は敷居の高いお酒のイメージでしたが、「2017年はジ...

そもそもジンとは?ジンというお酒は、オランダで薬用酒として親しまれていました。ただ、薬用酒としてはあまりにも美味しすぎたため、一般的に飲まれるようになったのがジンの始まりとされています。度数の平均は40度ほどで、多くの香草を使って作られているので、香りに特徴があるのがジンの魅力の一つです。ただ、その香りが好きだと言う人もいればちょっと苦手という方もいて、好みがきっぱりと分かれるのが面白いところでは...

飲みの席でサラっと酒の雑学、うんちくが言えれば男女問わず格好がいいですし、知っていると役に立つこともあります。お酒にまつわるドラマを知ることで、今飲んでいるお酒が一層美味しく感じることも。相手が喜びそうな雑学があれば、積極的に教えてあげましょう。ジンの雑学をご紹介します。ジンは薬?ジンを「薬っぽい味がして苦手」と言う人がいます。実はこれ、それもそのはず。ジンは元々「薬」として誕生したんです。ジンは...

ジンと焼酎の違いはどこにあるのでしょうか。どちらも色は透明で一見すると同じお酒に見えますが、実は原料、製法、アルコール度数など様々な違いがあります。当記事ではジンと焼酎の違いを分かりやすく解説していきます。またウォッカや泡盛など他の蒸留酒との共通点なども触れていきいます。原料ジンは「トウモロコシ、ライ麦、大麦などの穀物」です。原料だけでいえばウォッカと同じです。(ウォッカはよくジャガイモも使われま...

よくジンと引き合いに出されるのがウォッカです。同じ蒸留酒に分類されて、「アルコール度数が強そう」くらいしかイメージがないと両者の違いは分からないかもしれません。実際にジンとウォッカでは、何が異なるのか比較してみましょう。ジンとウォッカの特徴一覧を表にするとこうなります。ジンウォッカ発祥の国オランダロシア原料トウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀物トウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦、ジャ...

スポンサードリンク

page top