ジンの人気銘柄といえば

スポンサードリンク

ジンの人気銘柄といえば記事一覧

ジンの銘柄別の特徴を簡単にご紹介

ジンは、銘柄の種類が多く、もちろんそれぞれ味や香りが異なります。それぞれを簡単にご案内して行きましょう。・ビフィーターほんのりフルーツフレーバーを感じる味。カクテルベースに使われる事の多い、中間的な味わい。・ボンベイサファイヤ比較的甘口で華やかな香りがします。・タンカレーキレのある味わい。芳醇な香り...

≫続きを読む

ジンの有名な銘柄一覧と系統および特徴

ジンというお酒は17世紀にオランダで薬として製造されました。確かに薬みたいな味がするから苦手と言う人もいますよね。そんなジンの有名な銘柄について紹介していきます。初心者向けの選び方ジンには数多くの種類があり、何から飲んだら良いかわかりにくいものです。おすすめ一覧などを見ても、嗜好品であるため書き手の...

≫続きを読む

タンカレージンのこだわり|クリアで爽やかな味

他のジンと比べてすっきりとした味わいと穏やかな香りが特徴のタンカレー。ジンの中では一般的な銘柄で、かのケネディ元大統領やフランクシナトラも愛した酒としても有名です。タンカレーの歴史は1830年にさかのぼります。「今までにない高品質のジンを作る」という強い信念のもと、蒸留所が設立されました。その信念た...

≫続きを読む

魅惑のボンベイサファイア|他のジンに比べて薫り高い味わい

美しいサファイアブルーの瓶がなんといっても印象的なジン、ボンベイサファイアは、世界最大のラム酒ブランド、バカルディ社の子会社が製造しています。他のジンとの大きな違いのひとつに、原料が挙げられます。一つは香料。ジンの主たる香料のジュニパーベリー以外に、アーモンド、レモンピール、コリアンダーやカンゾウな...

≫続きを読む

誇り高きビーフィータージン|切れ味鋭いクリーンな風味

ジンにはかなりたくさんの種類の銘柄がありますが、中でもドライジンのビーフィーターは、非常にメジャーなブランドで、カクテルのベースにもよく使われています。このビーフィーター、「ロンドン・ドライ・ジン」である誇りから、今なおロンドンで蒸留を続けている唯一のジンブランドでもあり、1820年の創業以来の変わ...

≫続きを読む

ノールドジュネバ15年|丸い陶器が特徴的のリッチな味わいのジン

モノマガジン掲載のジンです。単式蒸留機を使い、ドライジンよりもたくさんの麦を使って作られるジン。濃厚な味わいが楽しめます。丸い陶器が特徴的。1674年創業の老舗。ジュニパーベリーなどのスパイスを配合し、ホワイトオークの樽で熟成させています。15年の長期熟成のおかげでスコッチウィスキーにもリッチな味わ...

≫続きを読む

ブルックラディ ザ・ボタニスト|アイラ島の力強さが魅力のジン

モノマガジン掲載のジンです。アイラ島といえばスコッチウィスキーの有名な産地ですが、アイラ島初で唯一のジン。ジンの代表的なボタニカル九種類に、アイラ島で採れる二十二種類のボタニカルを追加して香り豊かに仕上げています。時間をかけてゆっくりと蒸留することで、最大の長所である香りを残しています。一口口に含め...

≫続きを読む

ナプエ フィンランド ジン|フィンランド産のレアなジン

モノマガジン掲載のジンです。フィンランド産のレアなジンなので、ジン好きなら聞いたことがあるかもしれません。フィンランドで収穫された白樺の葉、シモツケソウなどのボタニカルを中心に香り付けされたジン。他のジンとは一線を画す香りは多くのファンに支持されています。コスクエという二種類があり、ナプエをアメリカ...

≫続きを読む

バーヒル ジン|ハチミツから作ったリッチな味わいのジン

モノマガジン掲載のジンです。ハチミツが入ったとても甘い香りのジン。女性にも飲みやすい味になっています。アメリカのバーモンド州の養蜂場をヒントに生まれました。針葉樹などの清涼感あるボタニカルとハチミツの甘みのハーモニーがうけてニューヨークで大ヒットしたジンです。たった30へーベーの小さな蒸留所が世界を...

≫続きを読む