「ジン」という名前の由来

スポンサードリンク

「ジン」という名前の由来

ジンという名前が付くには、約100年ほどの時が必要となります。
始まりは1660年。
オランダにて、植民地で広まっていた熱病のため、ジュニパーベリー(Juniper Berry)をアルコールと共に蒸留して薬用酒が作られました。
そしてこの時、材料に使われたジュニパーベリーから、薬用酒の名前をフランス語でジュニエ−ヴル(Genievre)と名付けられます。
そうして、この薬用酒は販売されたのでした。

 

スポンサードリンク

 

ジンと呼ばれ始めたのは1689年、当時オランダの貴族であるウイリアム3世がイングランドの国王として就任した時です。
彼と共にイギリスに持ち込まれたジュニエ−ヴルは、民衆に爆発的な人気を集め、国内に知れ渡っていきます。
その際、愛称も込めてか名前が短縮され、ジン(Gin)と呼ばれることとなりました。

 

今となっては口にすることも珍しくないジンだですが、始まりは薬用酒であり、かつ名前も今とは違うものでした。
何気なくグラスに注いでいるジンですが、名前の由来を知っておくということも、1つの楽しむ方法かもしれません。

スポンサードリンク