タンカレージンのこだわり|クリアで爽やかな味

タンカレージンのこだわり

他のジンと比べてすっきりとした味わいと穏やかな香りが特徴のタンカレー。
ジンの中では一般的な銘柄で、かのケネディ元大統領やフランクシナトラも愛した酒としても有名です。

 

タンカレーの歴史は1830年にさかのぼります。
「今までにない高品質のジンを作る」という強い信念のもと、蒸留所が設立されました。
その信念たるや強く、戦火に飲まれてほぼすべての蒸留所が焼失した際にも、わずかに残った一部の蒸留機でタンカレーは作り続けられました。

 

 

こだわりは随所にわたっており、製法とレシピを知っているのは世界でたったの6人と言われ、180年以上変わらぬ味を貫き通しています。
さらにジンの原料に欠かせないジュニパーベリーの選別はたいへん厳しく、500のうち20しか選別基準をクリアできないほど。

 

そして何と言ってもタンカレーの特徴的な製法は蒸留回数にあります。。
通常のジンは2〜3回の蒸留であるのに対し、タンカレーは4回行うのです。
これにより、クリアで爽やかな味を実現しているタンカレーは、風味を損なわないために少量ずつしか製造しないとも言われます。

 

身近にありながらこだわりの詰まったスピリッツを、ぜひ楽しんでみてはいかがですか。

 

≪タンカレーの詳細はこちらから≫