ジンの美味しい飲み方と割り方

スポンサードリンク

ジンの美味しい飲み方と割り方

鋭い切れ味と香りが特徴のお酒

ジンは大麦やライ麦、ジャガイモを原料として作られる蒸留酒です。
元々薬用酒として作られた歴史があり、蒸留する際にボタニカルなどの薬草成分やジュニパーベリーなどを加えて作られますが、ジン独特の鋭い切れ味と口に入れた瞬間に広がる香りはこれらの薬草成分からくるものであり、ジン最大の特徴でもあります。
同じ蒸留酒であるウォッカと使用される原料はほぼ同じですが、ウォッカが蒸留した原酒をさらに白樺の炭によって濾過することで、癖の少ない口当たりまろやかな飲み口になるのに対し、ジンは蒸留時にジュニパーベリーで香りつけするだけなので、鋭い飲み口に仕上がります。
ジンは大きく分けて4種類のジンがありますが、王道の飲み方は種類によって異なります。
以下、種類ごとのおすすめの飲み方をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

最もスタンダードなのがドライ・ジン

ジンには4つの種類があり、それぞれ特徴や製法が異なりますが、その中でも最もスタンダードなのがドライ・ジンです。
ジュニパーベリーなど植物香料で香りづけしてあるため癖が強く、ストレートで飲む場合は好みがはっきり分かれます。
そのままの飲み口が好きという人はストレートが一番美味しい飲み方ですが、癖が強すぎるという人の場合は柑橘系エキスの入った炭酸水トニックウォーターで割るジントニック、レモンジュースやジンジャエールなどで割るジンバックなどが飲みやすいでしょう。
アルコール度数が高いためにぐいぐい飲むお酒ではありませんが、自分の好みに合った飲み方を見つけると、そればかり飲みたくなるほどに病みつきになります。またジンそのものの味わいが好きな人は、上質なボタニカルによって豊かな香りを漂わせるタンカレーロンドンドライ・ジンなどをストレート、ロックで飲んでみてください。
より上質な味わいを楽しむことができます。

 

甘みととろみが特徴のジュネヴァ

昔ながらも製法で作られるジュネヴァは古くからあるジンの原型に近い種類で、原料はドライジンと同じであるものの、麦芽が多めに混合してあり、糖化発酵してできた醸造酒をジュニパーベリーなどに漬けこんで、単式蒸留器で蒸留して作り上げられています。
蒸留回数が1回と少なくより濃度が濃いため、ドライジンよりも香料が濃厚であり、風味が強く感じられコクのある味わいであるのが特徴です。
飲み口がとろりとして何とも言えない甘みがあることから、このトロミを活かして楽しむのがおすすめです。
とろとろになるまで冷凍庫で冷やし、ストレートで少しずつ楽しむと最高です。また冷やすことで香りが抑えられるため、ジン独特の癖が苦手でもストレートの良さを楽しみやすいです。
甘くこっくりしたお酒が好きという人にもおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

マイルドな口当たりのシュタインヘーガー

シュタインヘーガーはドイツが主産地のジンです。
香りづけに使用するジュニパーベリーに、乾燥ではなく生の実を使用しているのが大きな特徴です。
発酵させたジュニパーベリーを単式蒸留器で蒸留、並行して麦芽やとうもろこし、ライ麦などの穀物を連続式蒸留器で蒸留、それぞれから作られる蒸留酒をブレンドして再蒸留し作り上げています。
生のジュニパーベリーを使用することから風味や甘みが控えめで、マイルドでスムースな味わいが楽しめるのが魅力です。
ドイツではビールを飲む前に胃を活性化させる目的でショットグラスで一杯飲むのが通例となっており、そのため本場に倣ってストレートやロックで飲むのがおすすめですが、カクテルの材料としても向いているため、こちらで楽しむのも良いでしょう。
ジンジャー・ジンジャーなどは度数が低いため、お酒に強くない人やジン初心者の人はこちらからスタートするのがおすすめです。

 

カクテルの材料で知られるオールド・トム・ジン

ドライ・ジンが作られる以前、雑味を抑える目的で砂糖を加えて作られていたのがオールド・トム・ジンです。
製造方法はドライ・ジンと同じで、違いは砂糖を2%加えてあることだけ。
そのためドライジンに分量の2%の砂糖を加えればオールド・トム・ジンと同じ味を再現できます。
ジンはカクテルのトム・コリンズの材料として使われているので、この方法で飲むのがおすすめです。
もちろんストレートでも美味しくいただけます。

 

間違いないのは柑橘系のカクテル

ジンはそれぞれ種類や銘柄の特徴を活かして様々な飲み方ができますが、迷った場合には柑橘系のカクテルにするのが間違いありません。
レモンやライム、オレンジなどとは特に相性が良いですから、まずはこういったものを楽しんでみると良いでしょう。
独特の鋭い飲み口がキリっとした味わいを楽しませてくれるため、桃やベリーなど甘めのフルーツと組み合わせるのもおすすめです。
ジン単体の癖が強いながらも、何でも他の飲み物と調和してくれますから、様々なオリジナルカクテルを試してみてください。
オレンジジュースで割るオレンジブロッサム、ジンジャエールで割るドラゴンフライ、パイナップルジュースとペパーミントで割るアラウンドザワールドなどは比較的自分でも簡単に作れます。

 

スポンサードリンク

ジンの美味しい飲み方と割り方記事一覧

ジンをホットで楽しむ飲み方

海外では、体を温めるためにジンを飲むところもあります。寒い日や寝る前などにおすすめな、ジンを使ったホットカクテルでの飲み方を紹介したいと思います。甘いカクテルの多いホットカクテルの中で、ジンを使ったカクテルサッパリとした味わいが良い感じです。「ジンを使ったホットカクテル?あまり聞かないなぁ。」という...

≫続きを読む

ジンの美味しい飲み方を知ろう

ジンは蒸留酒の中で一番美味しいお酒だと思います。柑橘の香りがするので女性にもオススメ。ジンをこよなく愛する方も、ジンが苦手な方も、ジンを美味しく飲む方法を知っておいて損はありません。ジンといえば、まずはトニックウォーターで割るジントニック。そして炭酸水とレモンで作るジンフィズ。ライムを絞ってジンライ...

≫続きを読む

ジンをストレートで楽しむ飲み方|ストレートがおすすめなジン

ストレートでも色々な飲み方があるジンはジュニパーベリーをはじめとした草根木皮で香り付けされるため、好みが分かれやすいお酒です。しかしこの独特な香りが好きという人の場合、ジン本来の香りと味をじっくり堪能してお酒を味わうことができます。もちろんジンを楽しむためにおすすめなのはストレートで、余計なものを混...

≫続きを読む

ジンをオンザロックで楽しむ飲み方|オンザロックがおすすめなジン

カクテルで楽しまれることが多いジン日本ではオンザロックで飲むよりも、カクテルなどにして楽しまれることが多いのがジンではないでしょうか。雑味がないのでどんな飲み物にでも合わせやすいという特徴を持っていますが、雑味がないということは、その分オンザロックにしても飲みやすいということでもあります。日本を離れ...

≫続きを読む

ジンが苦手な人でも飲みやすい方法

アルコール度数が高いジン世界を見てみるとストレートでも飲みやすいと言われているのがジンですが、お酒が好きな人にとってはというのが前提です。海外に比べて日本人はアルコールに弱い人が多いため、ストレートでも飲みやすいと言われているジンも度数が高いことから苦手と感じていたり、飲みにくさを感じている人も少な...

≫続きを読む

ボンベイサファイアのおすすめの飲み方&割り方

カクテルが若い世代にも飲まれるようになって、ジン自体の知名度もグングンと上がってきていますね。ジンが大好きな私としては、こんなに嬉しいことはありません。一口にジンと言っても、製法や香料も異なる色々なジンの銘柄があります。一体どのジンを飲めばいいの!?という声が聞こえてきそうですがとりあえず、最初はボ...

≫続きを読む

ビーフィータージンおすすめの飲み方と割り方

柑橘系の香りが爽やかな超定番ビーフィータージンは安くて旨いと人気のジンで、バーに行けばどこにでも置いてあるくらいポピュラーです。数あるジンの中でも超定番銘柄として知られるビーフィータージンは、芳醇で力強い風味が多くのファンから愛されています。香りづけにはジュニパーベリーをはじめオレンジやレモンの皮、...

≫続きを読む

タンカレージンのおすすめの飲み方&割り方

タンカレーと言えばいつも人気ランキングで上位をキープしている有名なジンですね。グリーンのきれいなボトルは一度見たら忘れられない存在感があります。そして忘れられないといえば個性的な名前。私は初めて名前を聞いたとき、タン入りのカレーをイメージしたのはいい思い出です(笑)さて、今回はそんなタンカレーを10...

≫続きを読む

ギルビージンのおいしい飲み方と割り方

ギルビージンとは?ギルビージンというのは、大手のキリンビールが販売するジンの銘柄の一つです。元々は、1857年にギルビー兄弟がロンドンにワインの輸入販売会社を設立したのが始まりで、その後ウイスキーなどの販売も手掛けるようになりました。そして1872年にイギリスでジンを作る連続蒸留器という機械が目覚ま...

≫続きを読む