ジンに合うおつまみはこれ!飲み方別おすすめおつまみや料理

ジンに合うおつまみはこれ!飲み方別おすすめおつまみや料理

トータルでおすすめのおつまみは肉と果物

ジンの香りづけに使用しているジュニパーベリーは、肉を使ったマリネ、ミートパイなどの香りづけに使われるスパイスです。
そのためジンを楽しむ際はスパイスを使った料理と相性が良いです。
料理系なら味が濃いめの味がついた肉料理、酢で締めた魚料理が合います。
また柑橘系をはじめとしたフルーツ全般もジンのつまみに合います。
なので、料理を主役にガッツリ食べながらジンを飲むのか、ジンを主役にちびちびつまみつつの味わいを楽しむのか、飲み方の目的に合わせて適したおつまみをチョイスするといいでしょう。

 

厳密に言えば、ジン好きの私が選ぶ、おすすめジンランキングベスト6!でも紹介したようにジンにも個性があるので、ジンごとに合うつまみは変わってきます。

 

とはいえ、一般的にジンは凝った料理に限らず、からあげなどは一緒に食べると当たり前に美味しいですし、アンチョビなどとも相性は抜群です。
スパイシーなカレーとも抜群の相性を誇りますから、ジンは基本的にはおつまみを選ばないお酒と言っても良いでしょう。
ジンは美味しいご馳走を食べる時のお供にもなってくれますし、ちょっとしたものしか無いという時でもおつまみを選ばず楽しむことができるお酒です。

 

スポンサードリンク

 

ジントニックに合うおつまみは濃い味のもの

ジントニックはとてもメジャーなカクテルですが、人気の理由の一つが色々なおつまみに合うからです。
基本的にジントニックはどんなおつまみにも合いますが、特に味が濃い料理との相性が抜群です。
味が濃ければしょっぱい系でも甘い系でもいいので、塩気が欲しければ生ハムやスモークサーモン、甘みが欲しければドライフルーツがおすすめ。
ジンといえばドライフルーツというイメージは案外強く、ジントニックを頼むとドライフルーツがセットで出てくることも珍しくありません。
ジントニックはゴクゴクと豪快に飲むのが美味しいので、味の濃い油物とも良く合います。
家で飲むなら気取らずに唐揚げやポテトチップスをつまみにするのも最高ですよ。

 

ジンをストレートで飲むときのおつまみはカットレモン&ライム

ジンのストレートは、独特の香りと味わいを楽しむため、おつまみもあまり味や香りの無いシンプルなものを選択するのがベストです。
最もおすすめなのはカットしたレモンやライムで、そのままもしくは少し砂糖をかけてかじりつき、口の中に果汁が広がった状態でジンを口に含むと、ジンそのものの美味しさを格段に上げて味わうことができます。
口の中に柑橘の酸っぱさとジンの香りが広がり、ゆっくり鼻へと抜けていくのは、これ以上ない最高の楽しみ方です。
ジンはその香りの強さから好き嫌いが分かれるお酒でもありますが、好きな人ならストレート&柑橘フルーツは絶対に気に入ると思います。
砂糖の量を調整すれば甘みの強さも変えられるので、ドライに楽しむも良し、甘く楽しむも良し。より好みの味わいを探してみてください。

 

ジンをロックで飲むときのおつまみはナッツやチーズ

ジンはロックにするととろみが出てくるので、まろやかな口当たりが楽しめます。
口の中でこのとろみを感じて少しずつ飲むのが美味しいので、おつまみは濃厚な味わいなものがおすすめです。
特におすすめなのはチーズやナッツで、こういったものをちょっとずつ口にしながらちびちび飲むと、のんびりとジンを楽しむ時間を過ごせます。
特にナッツは口の中に香ばしさが残るので、ジンの持つジュニパーベリーの香りとの相性は抜群です。
爽やかな印象の強いジンが重厚な雰囲気になりますから、普段と違う味わいを楽しみたいという時は、ぜひナッツと組み合わせてみてください。

 

スポンサードリンク

 

ジンの柑橘系カクテルにはおつまみにドライフルーツ

レモンを使ったジンリッキーやライムを使ったジンライム、オレンジなどの柑橘系のカクテルでジンを楽しむなら、おすすめのおつまみはドライフルーツです。
ジンは柑橘系のフレーバーが多いことからも分かるように果物、特にレモンやライム、オレンジなどとの相性が良く、これらのカクテルを楽しむ際はそのまま一緒にそのフルーツをお供にするとお酒が進みます。
ただ柑橘系の場合、あまり量が多いと口の中が酸っぱくなりすぎるので、ドライフルーツのような少しずつ甘さを口にできるものを選択した方が飽きがきません。
ジンは切れ味が強いことから柑橘系のカクテルを飲み続けていると口も疲れがちです。
そんなときはドライフルーツの優しい食感と甘みが疲れた口を優しく癒してくれますから、飽きることなく柑橘系カクテルを楽しむことができます。

 

ジンの甘いフルーツカクテルにはおつまみに生のフルーツ

ピーチやベリーなどを使った甘いカクテルの場合には、カクテルの甘さで口が飽きてしまうので、さっぱりとした生のフルーツをおつまみにするのがおすすめです。
カクテルに使っているフルーツをそのまま食べるならよりジューシーな味わいになりますし、逆にグレープフルーツのようなさっぱりしたものなら口の中を上手にリセットすることができます。
甘いフルーツカクテルは味が口の中に残るため、色々な種類を飲み続けると、純粋にカクテルの味を楽しむことができなくなってきます。
間におつまみでさっぱりしたフルーツを挟めば、味覚が麻痺せずきちんとそれぞれの味を堪能できますから、おつまみを賢く利用して色々なカクテルを楽しんでみてください。

 

それぞれのおつまみはクラッカーの上に乗せるのもオススメ

ご紹介したおつまみはクラッカーの上に乗せるとお洒落にいただけます。
せっかくのおつまみですから、少し手を加えてクラッカー乗せにするだけでも、パーティでも使えるお洒落なおつまみになりますよ。
チーズ、ナッツ、フルーツなどは特にクラッカーとの相性も良く、ただ乗せるだけで見た目も味もいい感じです。
お肉などの食事系のおつまみもこれに一口分ずつ乗せておくと、食べる飲むのリズムが良くなり、バランスよくジンを味わえるようになります。
クラッカーをつまみに食べることで程よい食事にもなりますから、強いアルコールであるジンを飲み過ぎてしまうことの無い予防策にもなり、体にも優しくなります。

 

こちらもよく読まれています。
ジン好きの私が選ぶ、おすすめジンランキングベスト6!

 

宅飲みを楽しくするおすすめグッズ

オークボトル

 

短時間でビンテージのような熟成が出来るマイ樽ボトルです。
通常エイジングには数年~数十年かけますが、酒が樽に触れる面積が広いので数時間でエイジング可能。
ワインやウイスキーはもちろん、ジンを熟成させると全然違った味になって面白いです。

 

OAK BOTTLE (オークボトル)の詳細はこちら

 

オンザロック石

 

凍らせて薄まらない氷として使えます。
ジンに入れてキンキンにすると美味しい。
ロックは氷が解けていく過程も楽しい物ですが、溶かしたくない炭酸割りなどでも重宝しています。

 

石のアイスキューブオンザロックスの詳細はこちら

 

ステンレスタンブラー

 

最後までキンキンに飲めるステンレスタンブラー。
特に夏場は重宝するアイテムです。
キンキンに冷やしたジントニック、ジンフィズをゴクゴクいきたくなりますね。

 

サーモスタンブラーの詳細はこちら

 

スポンサードリンク