冷凍?冷蔵?ジンを美味しく飲み続けるための保存方法と賞味期限

冷凍?冷蔵?ジンを美味しく飲み続けるための保存方法と賞味期限

開封に関係無く、直射日光の当たらない冷暗所で保存するのが基本

ジンに限らず全てのお酒に言えることですが、保管する時は開封に関係無く、直射日光の当たらない冷暗所で保存するようにしましょう。
またジンはアルコール度数が40%と高いお酒なので、開封後も常温保存で管理して問題ありません。
きちんと栓をして日の当たらないところに保管しておけば大丈夫です。
ワインなどのように専用のセラーなどを準備する必要もありません。
冷蔵庫やテレビなどの熱を放つ家電を避けて戸棚にしまっておけば、いつでも美味しく飲むことができます。

 

スポンサードリンク

 

冷凍庫で保存しておくのもおすすめ

ジンはアルコール度数が40%と高く、融点が-114.5度であるため、冷凍庫に入れても凍ることがありません。
どれだけ長時間冷やしてもキンキンに冷えるだけですから、冷凍庫で保管しておくのもおすすめです。
ジン好きの私が選ぶ、おすすめジンランキングベスト6!で紹介したような個性があるジンは特に冷凍してそのまま飲むのが美味しいと思います。
またジンは冷やすことでとろみが出る、香りが抑えられるといった特徴があるので、飲み方の好みによってはこの保存方法をしておくのが最適とも言えます。
特に夏場は冷たく冷やしてお酒を楽しみたいでしょうから、冷凍庫で保存しておくと便利です。
しかしそうはいってもやはり家庭の冷凍庫にジンの瓶を入れておくと普段邪魔になりますから、必ずしもここで保存しなければならない訳ではありません。
また冷凍庫で冷やすことで風味が変わってしまわないかという心配もあるかもしれませんが、ジンの場合は香りが閉じるだけで風味が損なわれることは無いので安心してください。
ラムなどのお酒は冷凍庫で冷やすと味が変わってしまうものの、ジンにおいては冷凍庫で保存することにデメリットは無いのです。

 

瓶は割れない?

ジンの中身自体は大丈夫でも、瓶が割れないか心配という人もいるかもしれませんが、家庭用の冷凍庫程度の温度なら瓶が割れる心配はありません。
高いアルコール濃度のおかげで、中のジンが凍って膨張するということも無いので安心してください。

 

開封後の常温保存で品質が落ちることは?

アルコールも、一度開封すると風味が飛んで品質が落ちるものは多いです。
特に常温保存だとその傾向が顕著ですが、ジンはアルコールの低いお酒と違い、開封してからも品質がほとんど変わらず、長期保存することができます。
基本的にジンのようなお酒は開封後せいぜい半年以内に飲んでしまうことが多く、これ以上の長期保存をするようなことはありません。

スポンサードリンク

 

そのため開封した後も風味や品質が落ちるのを恐れて急いで飲まなければならなかったり、開封から数カ月経ってしまったからといって諦めて捨てなければならない事もありません。
なかには2000mlを超える大容量の製品もありますが、こういったものでも開封後常温で長期保存が可能ですから、飲み切る前に悪くなってしまうかな?などと購入を遠慮しなくて大丈夫です。

 

アルコール度数が高いので火の気には注意

ジンはアルコール度数が40%ととても高いので、火の気には注意する必要があります。
基本的に栓をして戸棚などにしまっておくことが多いでしょうが、ガス台などの近くに保存をしておくと万が一の場合に引火して大変なことになりますから、この付近に保管をするのはやめておきましょう。
キッチンのガス台近くに調味料をお洒落に並べておく人などもいますが、ジンの場合はもしもを考え、こういったことは絶対に避けるようにしてください。
必要以上に心配する必要もありませんが、ガス台から一番遠い戸棚、食器棚の下、冷凍庫の中などを心がけて保管しておいた方が間違いがありません。

 

気になるなら空気抜きを使って

開封後も長期間品質が変わらないとはいっても、やはり気になるという人はいるでしょう。
そういった場合にはお酒専用の空気抜きを使ってみてください。
これは開封したワインや日本酒などの空気を抜いて酸化を防ぐための製品ですが、ストッパーとポンプを使って空気を抜くだけなので、あらゆる瓶酒に使用することができます。
使わなくても品質に変わりはありませんが、開けたものを長く保管するのは何となくイヤという人にとっては安心材料になるのでおすすめです。
本来の品質の変化の有無に関係無く、やはり自分が品質に不安を抱えていたとすれば当然美味しく飲むことはできませんから、必要に応じてこういったものも上手に活用していきましょう。

 

ストレートとカクテルどっちでも美味しいタイプを選ぶようにしよう

開封後も品質が衰えることなく長期間保存可能なジンですが、やはり開封したてが一番美味しいことには違いありません。
そのためには、いかに開封後残さず飲み切れるジンを選ぶかということも大切になってくるでしょう。
シュタインヘーガーなどはストレートとカクテルどちらでも美味しく楽しめる万能感があり、揃えておけば飲み方に関係無くいつもこれを使うことができます。
ストレート用とカクテル用を別に準備すれば、両方を飲み切るために2倍の期間が必要になりますから、保存に手間をかけないためにはより使い勝手の良いものを選ぶということも大切です。

 

こちらもよく読まれています
ジン好きの私が選ぶ、おすすめジンランキングベスト6!

 

宅飲みを楽しくするおすすめグッズ

オークボトル

 

短時間でビンテージのような熟成が出来るマイ樽ボトルです。
通常エイジングには数年~数十年かけますが、酒が樽に触れる面積が広いので数時間でエイジング可能。
ワインやウイスキーはもちろん、ジンを熟成させると全然違った味になって面白いです。

 

OAK BOTTLE (オークボトル)の詳細はこちら

 

オンザロック石

 

凍らせて薄まらない氷として使えます。
ジンに入れてキンキンにすると美味しい。
ロックは氷が解けていく過程も楽しい物ですが、溶かしたくない炭酸割りなどでも重宝しています。

 

石のアイスキューブオンザロックスの詳細はこちら

 

ステンレスタンブラー

 

最後までキンキンに飲めるステンレスタンブラー。
特に夏場は重宝するアイテムです。
キンキンに冷やしたジントニック、ジンフィズをゴクゴクいきたくなりますね。

 

サーモスタンブラーの詳細はこちら

 

スポンサードリンク