ジントニックはアレンジも楽しい!簡単な美味しい作り方のコツ

スポンサードリンク

ジントニックはアレンジも楽しい!簡単な美味しい作り方のコツ

バーテンダーの腕が試されるジントニック

ジンベースのカクテルは多数ありますが、やはり最も有名なのは「ジントニック」でしょう。
ジントニックは、ジンとトニックウォーター、それにレモンやライムを入れるだけのたいへんシンプルなカクテルです。
味わいは、甘さとほろ苦さを炭酸がすっきりとしたのどごしに仕上げてくれる爽やかな風味。
おうちカクテルが流行っている最近では、手軽で美味しいジントニックを、ご自宅で楽しむ人も多いようです。

 

しかし、作り方が至ってシンプルであり奥深さを感じることができるカクテルだからこそ、ジントニックは作り手であるバーテンダーの、カクテルへの思いや真心などを感じることのできるお酒なのです。

 

そんな訳で、ジントニックは「バーの顔」と言われることも少なくありません。
ジントニックは、バーでお客さんが最初の一杯にオーダーすることも多く、バーテンダーによっては、季節や気候によって、使用するジンの銘柄や温度を変えたり、お客の好みに合わせて配合を工夫してくれます。
居酒屋やおうちで気軽に楽しむジントニックもいいですが、自分の好みに合ったバーテンダーに作ってもらうジントニックの味は格別なものです。

 

スポンサードリンク

 

 

簡単に出来る!美味しいの作り方コツ

ジントニックは、ジンをトニックウォーターで割り、ライムを入れただけの非常にシンプルなカクテルですが、シンプルであるが故に、作り方によって美味しさの差が格段に変わってきます。
美味しいジントニックを作るポイントをご紹介していきましょう。

 

・すべて冷やしておきましょう。
ジンやトニックウォーターを冷やしておくのはもちろんのこと、使用するグラスも予め冷やしておきましょう。
ジンとライムの香りがより一層引き立つ仕上がりになります。

 

・氷はグラスの8分目まで
ドライな味わいを存分に味わうため、氷もふんだんに入れてください。

 

・マドラーで氷を引き上げる感覚で混ぜましょう。
アルコールは重いため、グラスの下部に沈みがちです。
混ぜる際には下から持ち上げる意識で。

 

・トニックウォーターは瓶が最適
トニックウォーターには瓶、ペットボトル、缶とありますが、瓶入りのものが最も炭酸が抜けにくいためおすすめです。

 

・ライムは新鮮なものを
言わずもがなですが、最後に入れるライムはジューシーで果汁たっぷりなものを選びましょう。

 

ジントニックのアレンジ

ジントニックはジンベースのカクテルの定番でひんぱんに飲む人も多いのではないでしょうか。
でもたまには変わったアレンジレシピで、いつもと少し違うジントニックを楽しんでみるのはいかがですか?

 

まずご紹介したいのは、かぼすのジントニック。
これは通常ライムを入れるところをかぼすに変えるというアレンジ。
かぼすはライムよりも強みがなく、独特の風合いが出るのでいつもと違った美味しさを味わえますよ。
さらにライムジュースもプラスすると、より深みのあるジントニックになります。

 

スポンサードリンク

 

 

いつものジントニックに粉末緑茶を加えるグリーンティジントニックもおススメ。
緑茶とジンが意外と相性がよく、グリーンティーの味わいがアルコールを飲みやすくしてくれます。
粉末緑茶は多すぎると溶け切らないので、小さじ1杯程度くらいがちょうど良いです。

 

また、お酒好き、お酒に強い方には焼酎ジントニック。
こちらもいつものジントニックに焼酎を加えるだけですが、ジンと焼酎がマッチして飲みやすくてガツンときます。

 

レモン1/2個とブラックペッパーを適量加える「ジントニ」というアレンジもあります。
スパイシーな仕上がりにって、ステーキや焼肉といった肉料理と相性がとても良い味になります。

 

変わりダネではジントニックのゼリーなんてものもあります。
粉末寒天でドライジンと砂糖、ライムと水を加熱して冷やします。
夏にぴったりの大人なスイーツが作れちゃいます。

 

 

ジントニックの魅力とは

ジンは大麦、ライ麦、ジャガイモなどを主原料とし、ジュニパーベリー(杜松の実)で香り付けされたスピリッツです。
蒸留酒の中では比較的クセがなく、飲みやすいお酒のため、ジンベースのカクテルは20種類近くあります。
その中でもやはり最もポピュラーなのはジントニックでしょう。
ジントニックはイギリスの植民地で、当時健康飲料として普及していた「トニックウォーター」でジンを割ってみたのが起源と言われています。
その後、第二次世界大戦後に世界中に広まり、日本ではお酒が出てくるお店でジントニックのない店はほとんどないと言っても過言ではありません。

 

とある調査によると、日本の男性が選ぶ最も好きなカクテルランキングの第一位に「ジントニック」が選ばれました。
また、ジントニックは「バーの顔」とも言われ、シンプルながらバーテンダーの力量により味わいが変わる奥深いカクテルと言えます。

 

ジントニックは度数が高く、ドライでたいへんシンプルな味わいであるため、食事の邪魔をすることもありません。
シーンを選ばずに、あらゆるところで飲まれているジントニックは、世界中で愛される魅力的なカクテルであると言えるでしょう。

 

スポンサードリンク