ジン・フィズとトム・コリンズ

スポンサードリンク

ジン・フィズとトム・コリンズ

ジンを使ったカクテルは数多くあります。
中でもジン・フィズとトム・コリンズと呼ばれるお酒ですが、どちらもレシピはジンとレモンジュースと砂糖とソーダ水。
カクテルをよく知らない人からすると、なんだかまったく同じお酒に思ってしまうでしょう。
しかしこの2種類のジンベースのカクテルは、別物ですので、知っておくと役に立つかもしれません。

 

まず、発祥の地ですがトム・コリンズはイギリス、ジンフィズはアメリカです。
そして入れる容器が違います。
トム・コリンズの場合、コリンズグラスと言う背が高く細いグラスを使いますが、ジン・フィズの場合はタンブラーに入れます。

 

スポンサードリンク

 

何より決定的に異なるのは使うジンです。
ジン・フィズの場合はドライジンをベースにしますが、トム・コリンズの場合は「オールド・トム・ジン」を使用すること。
この「オールド・トム・ジン」は製造過程に砂糖を加えるため、ジンそのものが甘いのです。
結果的に、ジン・フィズより甘いのがトム・コリンズということになりますね。

 

ただし最近では、トム・コリンズでもドライジンをベースに作ることもあり、もはや入れる容器くらいしか差がない場合もあります。

 

スポンサードリンク