ダイエット中はジンがおすすめ!でもジントニックは太る?

スポンサードリンク

ダイエット中はジンがおすすめ!でもジントニックは太る?

一般的にお酒は太るからダイエット中には控えるべきと言われます。
ジンにもちゃんとカロリーがあり、100mlあたり約260kcal
アルコール自体が高カロリーのため、ジン同様アルコール度数が高いウォッカやテキーラも同じくらいのカロリーがあります。
ダイエットはしたいけどお酒は飲みたい、という方はカロリーだけ見ると後ずさりしていまいそう。
しかし一方で「アルコールはエンプティカロリーだから太らない」という声もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

エンプティカロリーとは

お酒が太るのは、酔いで満腹中枢が機能しなくなって、食べすぎたおつまみのカロリーが原因。
身体が熱くなったり、鼓動が早くなったりして全て燃えてしまうので、エンプティカロリーのお酒は太らない。

 

とよく耳にしますが、これは一部正しく、一部間違っているといえます。
そもそも「エンプティカロリー」のエンプティの意味は、栄養素が空っぽという意味です。
栄養がないだけでカロリーは確かにあるのです。
ジンでいえば260kcal、これはご飯1善とほぼ一緒です。
じゃあジンはご飯と同じくらい太るのか、というとそれはまた違います。
同じカロリーですが、エンプティカロリーは身体に蓄積されません。
そのためアルコールだけ飲んでいる限り、確かに太りません。
しかしお酒を飲むと肝臓はアルコールの分解が優先され、つまみの脂肪の分解は後回しにされます。
残った脂肪はやがて体脂肪となり、体に残ってしまいます。
これがエンプティカロリーが優先的に消費され、食べた分のカロリーはそのまま脂肪になってしまい、太る理屈です。

 

ジンはダイエットに向いたお酒

お酒の中でも、ダイエットに向いているお酒と向いていないお酒があります。
ジンは太りにくい蒸留酒に分類され、ダイエット中に嬉しいお酒です。
ジンの他にもウォッカ、テキーラ、ラム、ウイスキー、ブランデー、焼酎は蒸留過程で糖質がなくなるため、今話題の糖質制限ダイエットにピッタリなお酒といえます。
ストレート、ロック、水割り、ソーダ割りで飲む分には糖質もありません。

 

ジントニックは太る?

ただし、ダイエット中は割りものには気を付けてください。
ジュースやフルーツ果汁で割ると糖質が加わってしまいます。
人気がある飲み方でいえば、代表的なのはジントニックです。
ウォーターという響きて意外と認識のない人も多いのですが、ジントニックに使われるトニックウォーターは砂糖を多く含んでいます。
実はトニックウォーターは100mlあたり33kcal。
甘い炭酸ジュースでいえば100mlあたりコーラが45kcal、サイダーが40kcal、ジンジャーエールが33kcal。
糖質が高く、しかもジンジャーエール割りとカロリーは同じくらいなので、ジントニックをたくさん飲むと太ってしまいます
ダイエット中ならトニックウォーターではなく、炭酸水で砂糖なしのジンリッキーなどの飲み方をした方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク