ジンはどう作られているのか

スポンサードリンク

ジンはどう作られているのか

ジンの原料として、大麦麦芽・トウモロコシ・ライ麦が主流ですが、その入れる度合いや、別に加えるものによってジンの味わいが大きく変わってきます。

 

例として、ジュネバジンはスピリッツ作成の段階で大麦麦芽を多く加えるため、他に比べて麦芽香が強く、シュタインヘーガーは後でブレンドするための生のジュニパーベリーも別で必要です。

 

そうして作られたスピリッツは発酵され、ロンドンドライジンとシュタインヘーガーは連続式蒸留器で、ジュネバジンはジンが薬用酒だった頃のまま単式蒸留器で蒸留されることとなります。

 

スポンサードリンク

 

それからは、草根木皮(ボタニカル)で香味づけ・味を落ち着かせるために樽熟成・ジュニパーベリーで作ったスピリッツとブレンド等、それぞれ異なったこだわりを実行し、中にはあえて省いて違う一面を引き出したりもします。
このように様々な工程を得て、ようやく、個性あるジンが世界に出荷されていくんですね。

 

ここに述べたのは代表的なものですが、他にも多くの方法があり、ジン作りはとても奥が深いものだといえます。

スポンサードリンク