お酒のジン、ではもったいない

スポンサードリンク

お酒のジン、ではもったいない

蒸留酒であるジンには、多数の種類があり、それぞれが違う顔を持ち合わせています。
代表的なものとして、ロンドンドライジン(イギリス)、ジュネバジン(オランダ)、シュタインヘーガー(ドイツ)が有名です。
根本的に大きな違いはないが、1つ1つが異なった作り方をし、薬用酒から始まったジンの歴史をさらに築きあげています。

 

個性的なジンもはやただの強いスピリッツとしてではありません。
それぞれの個性を感じながら楽しむことが出来るというのが、ジンが持つ魅力の1つです。

 

スポンサードリンク

 

中にはフルーツの香りづけをし、甘い口当たりを実現して、より飲みやすさにこだわったジンもあり、人気を集めています。

 

つまりジンは、女性を始めお酒に苦手意識を持っている人にもハードルが低いスピリッツといえます。

 

ジンの種類に述べましたが、一先ず飲み始めるのならば、主流であるロンドンドライジンから手を付けるといいかもしれません。
キレのある飲みごたえに、口の中に漂う爽やかな香りを知れば、よりジンの世界に惹かれていくことでしょう。

スポンサードリンク