ジンのマティーニの種類とバリエーションをご紹介

スポンサードリンク

ジンのマティーニの種類とバリエーションをご紹介

ジンベースのカクテルを代表するマティーニ。
「カクテルの王様」と呼ばれ、世界中のカクテル好きに愛されているジンを使ったお酒です。
このマティーニ、基本的な作り方はドライ・ジンにドライ・ベルモットを加えてオリーブを添えるのですが、バリエーションが驚く程豊富で、「マティーニ」に区分される種類はとんでもないくらいの数があるのです。
「ザ・パーフェクト・マティーニ・ブック」という本には、掲載されているマティーニのレシピはなんと268種類!

スポンサードリンク

 

なぜマティーニがそんなにたくさんあるのかと言うと、ジンとベルモットの種類や配合を変えるだけで、多彩な味わいを繰り広げるからなのです。

 

例えば文豪、ヘミングウェイはドライなマティーニを好んだため、ジン15に対して、ベルモット1の比率でオーダーしたのだとか。
反対にマティーニが辛くて飲みにくかったマリリン・モンローは、砂糖を入れるように注文したそうです。

 

その他にも、ジンの代わりにウォッカを使うウォッカ・マティーニ、オリーブの代わりにオニオンを添えるギブソン、ウォッカとカカオリキュールを混ぜ、オレンジピールで飾るチョコティーニなど、本当にマティーニの種類は豊富なのです。

 

スポンサードリンク